数字より信頼をつくる
仕事のゴールはそこにある

原 啓太
(はら けいた)

中途入社 2015年度

福祉用具
福祉用具専門相談

数字より信頼をつくる
仕事のゴールはそこにある

原 啓太
(はら けいた)

中途入社 2015年度

福祉用具
福祉用具専門相談

介護の現場から営業の現場へ

医療福祉の業界に興味を持ったキッカケは、母親です。

小さい頃から母親のお手伝いで施設に行く機会があり、その時にこの仕事って楽しいなと感じていました。

その思いは学生の頃も変わらずに、医療福祉の業界で働くことを選びました。

今の仕事は福祉用具のレンタル・販売を行っています。

前職はヘルパーとしてデイサービスで働いていましたが、福祉用具専門相談員の資格を取っていまの職場に転職しました。介護の現場でいろんな用具を見て興味を持ったのがきっかけです。具体的にはケアマネージャーさんからの依頼でご利用者様の自宅などにうかがい、生活の質を向上させるための提案をおこなっています。

 

売り込みより信頼関係づくりを

営業といってもガツガツ売り込むようなスタイルではありません。基本的にはご利用者様から指定されてうかがうので、大切なのは信頼関係をつくること。心がけているのは、ていねいにヒアリングし、相手の視点に立ったご提案をすることです。なかでも使いやすさと安全性は重要です。万が一にもケガなどをしないよう、細心の注意を払った用具選びをします。そのためにも商品知識を深めるための勉強は欠かせませんね。

チームで助け合って
ゴールをめざす

営業職だと一般にノルマがある場合が多いと思うのですが、当社はそれがありません。チームとして動き、助け合って仕事をしています。そういうアットホームな雰囲気が私には合っていると思うし、数字だけを追いかけると安全性が置き去りになりかねません。もちろん現状に甘えるつもりはありませんが、やはり最優先するべきは信用。そこはこの先も変わりません。今後ますます発展していくこの業界で力を発揮していきたいですね。