人生の先輩から毎日学べる
こんな仕事はほかにない

市ノ瀬 あゆみ
(いちのせ あゆみ)

中途入社 2012年度

ホームフレンド辻堂
介護主任

人生の先輩から毎日学べる
こんな仕事はほかにない

市ノ瀬 あゆみ
(いちのせ あゆみ)

中途入社 2012年度

ホームフレンド辻堂
介護主任

これからは福祉の時代

もともとは販売の仕事をしていたのですが、東日本大震災をきっかけに福祉に興味を持ちました。いろいろ勉強するなかで、日本の福祉はまだ発展途上で、これから大きな可能性を秘めていることを知り、転職を決めました。いまは施設のスタッフとして働いています。当たり前ですけど、同じ人はいないので、どの利用者様との出会いもぜんぶ学びになる。それが楽しくてずっと続けている感じですね。

 

「ありがとう」がうれしい

介護度はみなさん違いますし、なかには意思疎通が難しい方もいます。けれど、あれこれ試して気持ちが通じたときは大きな喜びを感じますね。ありがとうと言っていただけることも多くて、ありふれた言葉なのかもしれませんが素直にうれしい。来所の際は「お待ちしていました」、帰宅の際は「またいらしてくださいね」と必ず笑顔で明るく元気にお声がけをするようにしています。小さなことかもしれませんが、「自分は歓迎されている。ここいいていいんだ」とご利用者様に安心してもらいたいからです。それが介護という仕事の土台だと思うんです。

職場の風通しのよさは自慢

いまの職場は風通しがよくて、人間関係もすごくいいですね。職場改善のための意見箱も設置されています。働くエネルギーはぜんぶご利用者様に使おうというのが私たちの考え。みなさん、こちらより何倍も人生経験が豊富な先輩です。その人生の終末期に関わらせていただくのですから、敬意を払い、個人を尊重し接しています。勉強させてもらうこともたくさんあります。この仕事でしか出来ない経験も多く素晴らしい仕事だと思うので、これからも長く続けていきたいです。