介護福祉は究極の接客業
その気持ちで向き合いたい

葛原 愉美
(くずはら ゆみ)

中途入社 2006年度

訪問介護 藤沢営業所
サービス提供責任者

介護福祉は究極の接客業
その気持ちで向き合いたい

葛原 愉美
(くずはら ゆみ)

中途入社 2006年度

訪問介護 藤沢営業所
サービス提供責任者

「サ責」になっても現場が楽しい

他社でヘルパーを3年経験して介護福祉士の資格を取りました。そのタイミングでサービス提供責任者(サ責)として湘南ホームフレンドに入社して10年以上が経ちました。ケアプランをもとに、ケアマネ、ヘルパーとの連絡調整をするコーディネートの仕事をしています。現場が安定するまでは実際に支援に入ることもありますね。コーディネート業務と現場の両方はたいへんですが、現場が好きなので楽しみながらやっています。

ご利用者様の人生が見える瞬間

たとえば物忘れなどのある認知症のご利用者様でも、長く接しているとその方の人生が見える瞬間があるんです。それはこの仕事の醍醐味だと思います。お客様を深く知れば、もっといいサービスができるようにもなります。この仕事は究極の接客業だと思うんです。介護保険内の決められた時間帯で、決まった支援だけをただこなすというのではなく、いつもそういう気持ちで向き合えるようでありたいと思いますね。

困ったことがあればなんでも相談

横のつながりを大事にしていて、サ責どうしでも常に情報共有し、コミュニケーションをとるように心がけています。グチを言い合うのも大事なんです(笑)。そういう仲間がいることは支えになるし、何か困ったことがあれば一人で悩まずに相談できる環境がここにはあります。その点は新しく入る方にも安心してもらえるんじゃないでしょうか。ぜひいっしょにがんばりましょう。